仕事選びで失敗しないためには業界の比較が大切

新卒者が就職を希望する業界で上位にくるのは、金融機関や航空会社のほかにも旅行会社などです。情報関連会社や、サービス業は知名度の高い会社が多いので学生の希望者も多く、製造業や、商社よりも倍率が高くなります。新卒ではなく転職の場合には、希望する業界は少し異なってきます。転職活動で人気が高い業界は、製造業や、IT関連企業です。新卒者より、中途採用者のほうが、サービス業を希望したがらないといいます。どういった理由で、業界に対する希望の多さが変わってくるのでしょう。社会人としての経験を積み、第一線で仕事をした人は、小売業や金融業などのサービス業界の仕事内容や、ノルマのきつさを、新卒者より理解しています。確かにサービス業は花形のイメージが高く、誰もの憧れでもあるため人気が高いのですが、離職率の高さは他の業界と比較しても非常に目立ちます。特にサービス業は休みがカレンダーの土日と合わないことが多く、年末年始は休日返上で、休めても平日にしか休むことができなかったりということもストレスになります。サービス業は景気の影響を受けやすく、給与にも敏感に直結するので、収入が安定しないという面もあります。見た目の華やかさに憧れて仕事を選ぶ人は多いですが、業界ごとの特徴が存在しています。希望どおりの仕事について、自分らしく生きることは大切ですが、本当にその業界でいいのかよく検討することです。自分に合う仕事を探す時には、仕事の内容や会社の待遇も大事なことですが、業界の動きや将来展望も知っておくといいでしょう。クリアハーブミストのリアルな口コミレビュー